【成功の秘訣】ダイエットジムで失敗する5つの原因と対策【効果を出す】

ダイエットジムで失敗する5つの原因と対策 ダイエットジムの基礎知識

ダイエットジム失敗する人っていうのは、まず原因があるものです。

MISATO
MISATO

実際に私がダイエットジムに通ったときも失敗したことがあるので、なんで高いお金を払ってダイエットジムに通って失敗するの?という疑問について詳しくご紹介します。

  • これからダイエットジムに通ってみよう!
  • ダイエットジムで失敗したくない!

という人におすすめの情報になるかと思います。

ダイエットジムで失敗する5つの原因と対策

ダイエットジムで失敗する5つの原因と対策

ダイエットジムで失敗しないためには、原因を知って対策を考えることが大事。

私が実感したダイエットジム5つの失敗原因はこんな感じです。

  1. 通うのが面倒になり足が遠のく
  2. ジムに行く時間が作れない
  3. トレーニングメニューが自分に合っていない
  4. 運動しているからと油断して食事制限の気が緩んでしまう
  5. なかなか結果が出ずモチベーションが下がってしまう

ダイエットジム失敗原因①通うのが面倒になり足が遠のく

MISATO
MISATO

ダイエットジムで失敗してしまう原因として多いのが、通うのが面倒になって足が遠のいてしまうパターン。

ダイエットジムは効率のよいトレーニングができるのが魅力ですが、そもそもジムに行かなくてはどんなに優れトレーニングメニューも意味がありません。

入会当初張り切ってこまめに通っていても時間が経つに連れて通うのがだんだん面倒になり、気づいたときには全くトレーニングしないまま会費だけを払い続けているというケースはよく見られます。

ダイエットジムから足が遠のいてしまいがちな、最大の理由は「ジムの立地」にあります。

ダイエットジム失敗原因①通うのが面倒になり足が遠のく

遠く離れた場所のジムは、出掛けるだけで大きな負担になってしまいます。気軽に通えなければ、どうしても足が遠のいてしまうのは当然ですよね。

失敗の原因は”立地”にあるので、対策としては「通いやすさ優先」でダイエットジムを選ぶのが効果的です。マシンのラインナップやトレーニングメニューの充実度も大事ですが、魅力あるジムでも通いにくい立地では長続きしません。

対策としてはジムとしての魅力が多少劣っていたとしても通勤経路の途中自宅の近所など、無理なく通える立地にあるジムのほうが結果的に高いダイエット効果が期待できます。

ダイエットジム失敗原因②ジムに行く時間が作れない

MISATO
MISATO

張り切ってダイエットジムに入会したけれど毎日忙しくてトレーニングする時間が作れない‥という理由も失敗した人によく見られます。

ダイエットジムのトレーニングメニューは人によっても異なりますが、準備なども含めれば最低でも1回1時間はかかります。

時間に追われて生活している多忙な人にとっては1時間を作り出すだけでも大変ですが、本気でダイエットしたいなら生活スタイルを見なおしてジムの時間を確保しましょう。

ダイエットジム失敗原因②ジムに行く時間が作れない

普段活動していない時間をトレーニングにあてれば、忙しい毎日でも無理なくジムに通えます。具体的には出勤前の早朝をダイエットジムの時間として活用するのもおすすめです。

いわゆる朝活としてトレーニングをすれば仕事に影響をあたえること無く、ジムトレーニングをスケジュールに組み込めるのが大きなメリット。

最近のダイエットジムは早朝からオープンしている所も多いので、朝型生活への切り替えが時間不足の有効な対策になります。

ダイエットジム失敗原因③トレーニングメニューが自分に合っていない

MISATO
MISATO

まじめに通っているのに一向に成果が出ない場合はトレーニングメニューが自分に合っていないことが失敗の原因として疑われます。

ダイエットジムのトレーニングは高い減量効果が期待できますが、それはトレーニングメニューが自分にあっていることが大前提。自分に合わないメニューをいくらこなしたところで成果は上がりません。

したがって1ヶ月以上きちんとメニューをこなしているのに成果が出ないなら、トレーナーと相談してメニューを見直しましょう。負荷を重くする、トレーニング内容を変更する、鍛える部位を見直すなど有効な対策はいくつも考えられます。

トレーニングの成果がきちんと現れた場合でも、ある程度で頭打ちになってしまうため成長は鈍化します。定期的にメニューを見直すのは有効な対策です。

ダイエットジム失敗原因④運動しているからと油断して食事制限の気が緩んでしまう

MISATO
MISATO

ダイエットジムの失敗理由として食生活の乱れも原因の1つです。

運動だけでダイエットするのは簡単ではありません。

一般的にはジムでのトレーニングと平行して食事改善も進めますが、ジムでたっぷり運動しているからと油断してついつい気が緩み食事制限が疎かになってしまうケースは少なくありません。

トレーニング量を増やしたところで、食事を摂りすぎれば失敗するのも当然。運動と食事管理はダイエットの両輪であり、片方だけでは先に進みません。

動しているからと油断して食事制限の気が緩んでしまう

日々の食事をもう一度見なおして、カロリーなどに問題がないかチェックしてください。

ジムによっては栄養管理の専門家からのアドバイスももらえます。

運動するだけではなく、生活面のチェックにもダイエットジムの力を活用るのも良い対策になります。

ダイエットジム失敗原因⑤なかなか結果が出ずモチベーションが下がってしまう

MISATO
MISATO

ダイエットジムの成果が出るまでの時間は個人差があります。

通い始めて直ぐに効果が出る人もいれば、体重が落ちるまでにある程度時間がかかる人もいます。

きちんとメニューをこなしていれば誰でもある程度の成果はほぼ見られるものですが、なかなか結果が出ないことでモチベーション低下とともにジム通いを諦めてしまう人もいます。

なかなか結果が出ずモチベーションが下がってしまう

結果が出ないとモチベーションが下がるのは誰でもあることで当然の反応ですが、モチベーションに振り回されるのは失敗のもとです。

モチベーション維持に重要なのは目先の結果に一喜一憂しないことです。

すぐに効果が出ないと焦ってしまうのは理解できますが、目先の結果に一喜一憂していては長期的な成果も期待できません。

ダイエットジムのプログラムは「長期的視点」に基づいて組まれています。

ダイエットの成果に関しては1日~1週間という短いスパンではなく、1ヶ月~1年単位の長期スパンで考えるとモチベーション低下による失敗を防ぐための対策ができます。

失敗を防ぐダイエットジムの選び方

失敗を防ぐダイエットジムの選び方

ダイエット失敗の原因についてご紹介してきましたが、具体的にどんなダイエットであれば失敗しにくいんだろう‥と思いますよね。

そこで失敗しづらいダイエットジムの選び方を、3つのポイントでまとめてみました。

  1. 持ち物不要で仕事帰りにも通える。
  2. 全ての面においてトレーナーがサポートしてくれる。
  3. まわりの影響を受けないマンツーマンレッスン。

失敗しない選び方①持ち物不要で仕事帰りにも通える

MISATO
MISATO

ダイエットジムで失敗しない選び方として、持ち物不要(手ぶら)で通えるジムもおすすめです。

たとえば仕事帰りにしかダイエットジムに通えない場合などは、トレーニング用品などを持ち歩くのが大変で通うことが面倒になる場合もあります。

手ぶらでダイエットジムに通えることで面倒さがなくなり、負担なく手軽に通うことができるので失敗しづらい選び方になります。

ダイエットジムで失敗する「通うのが面倒になり足が遠のく」「ジムに行く時間が作れない」という原因の対策にもなる選び方です。

失敗しない選び方②全ての面においてトレーナーがサポートしてくれる

MISATO
MISATO

ダイエットジムでトレーナーの役割というのはとても大きなもので、効果的にダイエットが進むよう徹底的に管理してくれる大事な役目をこなしてくれます。

このトレーナーの役割というのはジムごとに考え方も違っていて、トレーニングだけ、食事制限も、生活面すべて、といったようにサポートの範囲が異なります。

なるべく広く生活面までサポートしてくれるダイエットジムを選ぶことで「運動しているからと油断して食事制限の気が緩んでしまう」という失敗を防ぐことにつながる選び方ができます。

失敗しない選び方③まわりの影響を受けないマンツーマンレッスン

MISATO
MISATO

ダイエットジムを探していると”マンツーマン”という言葉をよく目にしますが、このマンツーマンでのトレーニングは失敗の原因を回避するのに大きな効果が期待できます。

マンツーマンレッスンというのは、つまり徹底的な”個人管理”ができるということ。

したがって「トレーニングメニューが自分に合っていない」「なかなか結果が出ずモチベーションが下がってしまう」といったダイエットジムの失敗を防ぐ効果が期待できる選び方になります。

【さらに】ジム終了後もリバウンド対策が考えてある

MISATO
MISATO

補足ですが、ジム期間終了後の失敗も考えておくとより安心です。

ダイエットジムによってはジム期間終了後に”リバウンド保証”などが設けられている場合もあり、その後の失敗を防ぐためにとても効果的です。

期間終了後にリバウンドしづらいトレーニング方法が用いられていたり、または”リバウンド保証”が設けられているダイエットジムを選ぶことでより失敗を防ぐための効果的な選び方ができます。

まとめ

MISATO
MISATO

ダイエットジムで失敗する原因と対策をまとめます。

ダイエットジムで失敗する5つの原因と対策

  1. 通うのが面倒になり足が遠のく
  2. ジムに行く時間が作れない
  3. トレーニングメニューが自分に合っていない
  4. 運動しているからと油断して食事制限の気が緩んでしまう
  5. なかなか結果が出ずモチベーションが下がってしまう

失敗を防ぐダイエットジムの選び方

  • 持ち物不要で仕事帰りにも通える
  • 全ての面においてトレーナーがサポートしてくれる
  • まわりの影響を受けないマンツーマンレッスン
  • 【おまけ】ジム終了後もリバウンド対策が考えてある

これで「ダイエットジムで失敗する原因がわかって効果的な対策」ができます。

ただし”やる気”だけは自分次第ですので、ぜったいにダイエット成功するぞ!という高い意志を持ってスタートすることが重要なポイントになります。

東京にお住まいなら電車を利用せず1駅歩いてみる、などの努力と併せながら失敗しづらいダイエットジム選びで効果的な減量を目指してみてください。

 

 人気記事 

ダイエットジムの選び方|より結果につながりやすい3つのポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました